電通≒通電

S_img_0037_2
よしむらのハムカツ、さごじょうです。

今回は川柳ネタは無いので興味無い方は読み飛ばしを。

昨日今日と鈴鹿に行ってまいりました、これで3回目です。私の身内の数少ない趣味だったので一度プレゼントしたところ、気に入ってくれたため味をしめて毎年恒例となったわけです。なので私は完全に添乗員として同行してきました。幸い鈴鹿に近いという好立地な場所に住んでいるのも幸いですね。

S_img_0733
S_img_0796_2
S_img_0818
知らない人は全然知らないでしょうが有名な方ばかりです。人気が下降気味のためか選手が一生懸命サービスしてました。一応私も勉強してるので選手は結構覚えております。

S_img_1152
S_img_1375
S_img_0103
S_img_1261
非常に雑な上げ方になりましたが適当に載せてみました★そしてなんやかんやで川柳の話も入りますが実はこれは結構前に入った標語の副賞としてもらったカメラで撮影しております★タンブラーみたいな極太のレンズとかつけなくても、普通に超高画質で遠くのものや動くものを鮮明にとらえられるという超優れものでびっくりしました。スマホで写真が撮れる時代だけあって、カメラもむちゃんこ進化してますね。

サーキットってでっかいんでかなり歩きますし、屋外だから日差しがきつかったり、寒かったりでかなりタフでした。しかし幸い今回は二日くらいまで大雨の予報だったのに、一度も降られることも無く、日差しがきついことも無いと言う、神様っているんだなと思わせられるくらいの運の良さでハッピーでした★同行者が元気な限りは毎年の楽しみなので行き続けることでしょうから、来年もまた私も心の準備はしておこうとおもいます。休み二日使いますしかなりしんどいんですが、すごく楽しそうにしている姿を見ていると胸が熱くなります。

おっと、もう一つ川柳の話があったわ、観戦中に着信があったので何かと思ったら、あれの電話が今回はこのタイミングで来ました、もったいぶってすんません、まだ発表じゃないし、勘の鋭い子なら分かるよねっと、じゃぱはりねっと、さごじょうでしたっと。

| | コメント (2)

プロフィールを更新

記録的な意味合いでもやっているブログでありながらまともにこれまでの受賞暦が整理できなかったので覚えている限りのものを纏めてみることに。今後も頑張って積み上げていこうという気合の意味でも良かったかな。

今年も気づけばあと2ヶ月、そしてブログを本格的に始めて1周年です。その時々で色々な方に励まされ頑張って来れました。最近は中々考える時間も減ってきましたが負けずに頑張りたいです。これからも公募川柳界を多くの人たちで盛り上げていけたら良いですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートな休日

土曜日は井の頭公園へ行ってきました。いつもなのか偶々なのか路上パフォーマンスをしている方や露天のお店が沢山並んでおりました。

店では手作りの帽子やら絵やら詩やらと色々なオリジナル製品を売っておりました。

印象に残ったのは字を売っている書道家の方でした。寒さのせいか余り売れていなくて寂しげでしたが師範代かなにかの資格があるらしく、さらに銀蔵という有名な質屋さんの看板の文字も手掛けたそうです。それだけの実績がありながら寒空の下、敷物を広げて作品販売をしておりました。

アーティスティックな催し物に触れつつも感じたことは、自分が創作したものを販売して対価を得るというのは大変なことなのだなぁと言うことです。彼らも皆、許可を貰っているわけですし作品もどれもオリジナリティに溢れる魅力的なものばかりでしたが、立ち止まってみていく人はいても中々買っていく人はいなかったので厳しいものだと思いました。

ただ今回こうした催しに行って自分としては得るものは多かったです。自分には絵とか字とかはセンスゼロなのでそういったことで人に感動を与えられる彼らには畏敬の念を抱きます。

自分には彼らのような才能はありませんので、ただただ文字を5・7・5に組み立てるのみです。

それにしてもいつか大賞をなんかのコンペでとることができれば、あの書道家の方に自分の句を書いてほしいと思いました。大きな動機付けになりますねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログスタート

ブログを始めてみようと思いたってから実際に作成してみて早一年以上が過ぎようやく書き出してみる。このブログでは趣味である公募の投稿記録や結果分析などに力を割いていきたいと思う。少なくともいちいち記録などもつけない自分にとってこのブログがメモ代わりになればそれだけで一応の役目が生まれるわけだ。もちろんこれを機に公募の仲間なりライバルができたらなお良しなわけだが。 言うだけならただなので夢は大きく公募界を席巻するほど沢山採用されていきたい所だ。まずは当面の間過去の実績と現状をちょくちょく書きながら様子を追ってみるとして内容を広げるのはそれからだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)