« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

相続

Img_0121

相続です。こちらは他のコンテストとは違って、確か初めて募集されたやつです。相続関係も結構コンテストがじわじわと増えてきてます★

いつもあっという間に年が明けてしばらくしてからの更新なんですが今年は駆け込みで最後の更新です★

いつもこちらにお越しの方々のお陰で何とかこのブログも私の川柳歴に合わせて続けてこられました★大変感謝しております!

毎年ハードさを増すシーズンの中でも今年は特に厳しいシーズンでした。毎年言ってるかもしれませんが。なので私もちょっとだけリミッターが外れた感触のあるシーズンであったともいえます。激戦続きでしたからね。良いことです。

ではよいお年を★

 

| | コメント (0)

京都学生コロナ

Img_0133

オリラジの今後が楽しみなさごじょうです。

こちらは2か月ほど音沙汰がなかったので督促したらすぐに来ました★

返事をくれたのは京都の学生さんでした! そりゃあそうなんですが、とはいえコロナで満足な学生生活が送れない中で頑張ってくださいとエールを送っておきました。非常に丁寧な返信でしたし迅速な対応で素晴らしいですね★

こうしたイベントも積極的にされていて、私自身を振り返ってみると月とすっぽん過ぎて頭が上がりません。

さてこのクオカードですが3,000円分なのに同じデザインのが4枚だったので足りないかと思いきや、よくみたら1,000円が2枚で500円が1枚という変則的な入れ方でした、危うく再度督促する所でした、やれやれ。

川柳を通じてまさか現役の学生さんとやり取りする機会があるとは! それだけで感無量でした、これからも頑張ってください、草葉の陰からひっそり応援してます。

| | コメント (6)

Img_9703_20201225211701

なんでだろーなんでだろー GOTOは叩く癖にフィギュアは客入れてテレビ放送するのなんでだろー、テツandサゴです。

太っ腹なコンテストでしたね★こういう単発で面白いやつも素敵です★私は脂身が苦手だったりします。

M1の漫才論争はまだ続いてますね。R1は落語のRのはずなのに落語はいないしね。フリップ芸ばっかりですし、日本は一人でしゃべるスタイルは流行ってないですから無理があるんですよね。名前忘れましたがあの視覚障害の方は一番コンセプトにあってましたけど。

KOCも歌ネタのどぶろっくが優勝してるわけで、やはり今回は面白くないと思った人が多かったのが論争に繋がってるわけで、あまり論点がずれ続けると来年またやりにくくなっちゃうんじゃないかなあと心配されますね。

川柳も、あんなのは川柳じゃない、とか言い出すと白けますよね、まあ限度もありますけど。

週末を生きて迎えられて安どのさごじょうでした。

| | コメント (0)

アルファベットチョコ

Awardsub08

今やすっかりアマゾンギフトが賞品の定番になってきましたね★注意書きにあったのですがスクショとか載せたりするとあっという間に盗まれてしまうのが怖い所ですが。

さてこちらのコンテスト各作品の受賞者の後に「他」とついていますが、つまり複数の受賞者がいるという意味です。かわうそ君コンテストと違って太っ腹だ、と言いたいところですが、ちょっとまてよと。これ、ツイッターの応募なんですね、てゆうことは他の人が応募しているものをそのままパクれるわけです、これはちょっとヤバいですよね。

ただコンテストの趣旨は大変面白いものですし、主催者さんもそのへんは性善説に任せてやっているところもあって、その上で複数受賞も認めているのではないかなと推察されます、というわけでやっぱり太っ腹だね。私は「他」ではなく名前で載ってたので私の作品が最初だったのかな、関係ないか。

ひと山越えたので頑張って更新しました★

| | コメント (4)

山中温泉

Img_9725写真に川柳を乗せるのは楽しいです。昔は結構ありましたが今はほとんどないですね★こちらも入ってみたかったので入れてよかったです。

真ん中の絵は片岡鶴太郎氏の絵みたいです。私は彼がお笑いをやっていたころは幼過ぎてしらないんですよね~

M1はイマイチだったようで、それを知った状態で少しだけ見たんですが、マジカルラブリーの一本目なんかは結構なもんでしたね。漫才とはみたいな議論が巻き起こってますが、結局のところあれだけ盛り上がったにもかかわらず面白くなくて不完全燃焼だったのが原因なのかと。日本シリーズでぼろ負けした巨人がDH導入を言い出してるみたいもんですね。怒りのやり場が持っていけないのではないかなと。

去年のミルクボーイみたいな純粋なしゃべくりしか認められなくなると、初優勝の中川家やダウンタウンのほとんどの漫才も大半がコント設定になっちゃいますからね。

直木賞にアイドルが選ばれちゃうみたいなもので、毎年コンテストをやっていればレベルが上がり続けるのは難しいわけですから、そんな年もあってまたレベルが上がれば良いなと思います★

これまで沢山のスターを生み出してきましたがそれでもなおお笑いは第三世代を越えられないんですよね。IPPONグランプリも細かすぎてもどちらも彼らが作り上げたスタイルのなかで戦っているに過ぎないんですよね。てゆうか最近見た中では細かすぎて準優勝のシブがき隊のやつが超最高でした★

ネットが普及してますから芸人も審査員もあれこれ言われて大変ですね。川柳はメジャーになり過ぎないでほしいというのが本音かも。

ではまた!

| | コメント (0)

ものづくり

Img_9901

毎年卓上カレンダーはこうして何らかのものが頂けるので助かります。

こちらのコンテスト、メールにて色々連絡が来るのですが、返事の時間が23時とか8時とかだったりしてどんだけ仕事してんだと思い、さすがにねぎらいのメールを送ってしまいました★激務の中川柳コンテストまで担当してくださるなんて感激です!我々の世界はこうした方々の努力があってものであることを忘れてはいけませんね★

それではまた!

| | コメント (0)

緑のある暮らし

Img_9707

アスリートも社会人としての教育をしっかり受けるべきだという声がよく聞かれますが、私は結構やんちゃで世間知らずな方が華があって良いなと思う派です。でもそうじゃないんだなと思い始めました、錦織選手結婚おめでとうございます!さごじょうです。

調理家電は川柳賞品ではよく見られますね。てかこれは私が選択したんだけどね。もう一回り大きいのがよかったけど他の賞品と比してみればこのサイズが来るのは予見済みだったんですよね。アマゾンギフトにして大きいのを買えばよかったわけですが、それも結果論であってとりあえず使ってみなければ大きいのを買おうという気も起きなかったわけで。

忙しすぎてM1も多分後から見ることになりそうですが、なんか今やすごい大イベント扱いでドラマチックに出演者たちが語られてますね。ある意味第一回の時みたいな緊張感が生まれて良いのかもしれないですね。ガキの使いも今や大晦日の定番になってしまったしね。

それではまた。

| | コメント (9)

暖房

Kimg0979

レコ大の特別栄誉賞を貰うために貯金しているさごじょうです。

ルノワールのムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会だそうです。名前が無茶かっこいいー。

コメントか記事かのどちらかしかやる時間が無いので申し訳ないです★ご勘弁を。

ツイッターで大喜利コンテストにもぼちぼち出すのですが、すげぇ被る、そして消す。川柳よりも被りやすいかも。それを思えばやっぱり先日のかわうそのやつも仕方ないと改めて実感。

では、直木賞にノミネートされる頃にまた更新します。

| | コメント (0)

かわうそ君ふきだしコンテスト

Ll_img_225842_1

このコンテストなんですが、私は左側の絵を選択して、その作品が。

横にでたらめな手話通訳してる人がいる。

で、入賞作品が。

隣にでたらめな手話の通訳がいる。

だったので、確認のメールをしたところ以下の通り。

〇〇様

 弊社の「かわうそ君ふきだしコンテスト」にご応募いただきまして、ありがとうございます。
 お尋ねの件について、お答えします。

 〇〇様がおっしゃるように、〇〇様の作品のように特別賞の作品と文言がよく似た作品もございます。その上で、ニュアンスなども加味して審査員が選考いたしました。
 今回、〇〇様の作品については、入賞とさせていただきました。
 紙面では、入賞者の方から抽選で100名の方に特製ステッカーをお送りさせていただくと紹介しています。
 ただし、〇〇様のように特別賞の作品とニュアンスのよく似た入選者の方は、優先的にステッカーをお送りさせていただきます。後日、ステッカーをお送りしますので、お待ちいただければ幸いです。 

 以上、よろしくお願いいたします。

東京新聞読者部

とのこと。ニュアンスというかフィーリングじゃないのかとも思いましたが、さすが新聞社だけあって慣れた対応だなと言うところでしょうか。

対応が早い、きちんと説明している、フォローもしている、といったことと、もう何ともしようがないのでやむなしです。伝染るんですは全巻持ってて、吉田先生の作品は好きだったので非常に残念です。

川柳と違う舞台ということもあり、思いついた時点で勝ちを確信して詰めを誤った感じですね。ネット社会の今、各所で上手い、面白いコメントが見られますので、なかなか厳しいです。しかしこの発想が被るとはなあ。。。

というわけで、この記事をみた吉田戦車先生が私にサインをくれるという粋な計らいをしてくれたらまた更新します。

| | コメント (21)

民友R2.11

Img_9729

紅白学芸会が楽しみなさごじょうです、あ、今年は白だけか。

こちらは長く続けさせてもらってます。選考センスが好きだからです。

潜水をして息継ぎをしにプハーッと顔出したタイミングでブログを更新している感じです。というわけで何とかハッピーフライデーを迎えられてひと段落した状態ということであります。

と言いつつあんまり書くことが無いです。すんません。

朴慶培が娑婆に出るころにまた更新しますね。

| | コメント (10)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »